ジェットエントリー REERACOEN
週刊ABROADERS
ABROADERSに挑戦
アジア最新情報

海外で働くために、英語は避けて通れない〜33歳で仕事を辞め、ベトナムに飛び込んだ日本人建築家〜07BEACH代表取締役 近森 穣氏

Vietnam
ベトナム、カンボジア、日本を中心に店舗や住宅リノベーション等を行っている07BEACH代表取締役であり、一級建築士の近森氏。ホーチミンで有名な「Pizza4P's」を始めとする人気店を次々と手がけ、リノベーションした住宅がニューヨーク・タイムズで取り上げられたりと注目を浴びている。

07BEACH  代表取締役

2014.12.02

完成までのプロセスに関われる分、達成感が大きい

rereDSC04423

ベトナムに来られたきっかけを教えて下さい。

知人から「ホーチミンでピザ屋を開くので、お店を作りに来て欲しい」と言われたことがきっかけです。依頼を受けた時はちょうど会社を辞めて独立した頃だったので、比較的時間もあって自由に仕事を選べるようになったのでお受けすることにしました。

1軒建ててそのまま日本に帰国するつもりだったのですが、ベトナムで仕事をすることが面白くなってそのまま残り、3年半が経ちます。

ベトナムでは、日本であればルール化されているような部分を自分でやるしかないことが多く、完成までのプロセスに関わらざるを得ません。

日本であればカタログから選んで注文すれば届くような材料を探して、自分でバイクに乗って人に聞きながら探すということもしましたね。

自分で材料を仕入れて現場監督まで行うのは大変ですが、完成した時の達成感がこれまでにないほど大きくて、「海外で働くことは面白い」と感じるようになりました。

なぜ、会社を辞めて独立しようと思われたのですか?

30歳を目前にして、「このまま会社勤めを続けて、すでにできることをルーティンワークで行っているだけでいいのだろうか。生活はそれなりに安定しているけれども、一度きりの人生これで良いのだろうか」と考えるようになりました。

そこからすぐに辞めたわけではなく、今の環境のなかでなんとかやりがいを見つけようと社会人の学校に通ったり、本業以外の趣味などを見つけて生活を充実できないか模索しました。

でも、やはり本業を充実させないまま他のことをやっても自分は満足できないと思い、33歳の時に退職。独立をする場合は自分でお客様を見つけないといけないので営業が重要なのですが、私は営業経験がないまま辞めてしまいました。

そのため営業に自信がなく、どうなるかのあてもなかったのですが、とにかく自分で一度やってみたいという気持ちが抑えられなくなって、迷った末に辞めました。

辞めたのと同時にベトナムでの仕事が入って来たので、本当に幸運だったと思います。

英語ができれば、自分の仕事の幅がもっと広がる

rereDSC04594

1軒目のお仕事として建てられた「Pizza4P’s」ですが、現在ホーチミンで非常に有名なお店ですよね。

そうですね、このお店をご覧になった方からお仕事のお話をいただくこともあります。私は独立したばかりだったので、次に繋がるように全力で仕事をしようと思い、がむしゃらに作りましたね。

ベトナムの空港に着いて、スーツケースを持ったまま「Pizza4P’s」経営者である益子さんのバイクの後ろに乗り、その日から現場入りをして寸法を測ったのが仕事のスタート。

本来であれば半年ほどかけて完成するようなものだったのですが、現場に泊まり込みで作業を続け、約3ヶ月後にオープンまでこぎ着けました。あの時は「人間やろうと思えばできるのだな」と思いました。

海外での初仕事だったと思うのですが、現場を監督する際に躊躇などはありましたか?

基本的に仕事でのやり取りはすべて英語なのですが、私は英語が苦手だったので最初は通訳を通して仕事の指示を出していました。

しかし、日本とまったく環境の違うベトナムでなんとかできたのだから、近隣の東南アジア諸国は環境も似ているのでできるだろう、もっと海外でやってみたいと強く思うように。

海外で働くためには英語は避けて通れないと腹を括って、ベトナムの最初の仕事が終わった後に3ヶ月間短期語学留学をしました。朝から晩までの英語漬けの毎日で苦手意識が随分和らぎ、ベトナムに戻った後は自分で英語の指示を出すようになりました。

私は専門職なので、言語さえなんとかなれば「作る」という本質はどこに行っても同じです。

ベトナムでの3ヶ月間で感じた日本で働いていた時とは全く異なる充実感があったからこそ、その後も海外で働きたいと思うようになりました。

語学留学が終わった後はベトナムに戻られたのでしょうか?

はい。語学留学中に、ホーチミン在住の知人が1件目のピザ屋さんを気に入ってくれ、自宅のリノベーションを依頼されたのでその仕事に取りかかりました。

海外の日本人コミュニティは非常に密で情報も噂もあっという間に伝わるので、真面目に仕事をしていれば応援して下さる方が結構いらっしゃいます。

自分と同じように日本人建築家として仕事をしている人の絶対数が多い東京にいたら、ここまで自分の存在を知ってもらえなかったと思います。

ベトナムに来てから、「挑戦しようと思っている日本人がこんなにいるのか」と驚きました。日本だと大多数の人が会社勤めをしていて、起業している人は少数派。

でも、ベトナムでは何か目的意識があって確固たるビジネスプランを持っている人が多く、まさにアクションを起こすために来ている人ばかり。

ベトナムだと、日本で独立していたら出会えないような人にお会いして仕事に発展することがあるので、海外に飛び出すことのメリットは大きいと感じています。

ニューヨーク・タイムズに住宅が掲載されるまで

reDSC04461

デザインをされた住宅がニューヨーク・タイムズに掲載されたという実績をお持ちですが、どのような流れで掲載に至ったのでしょうか?

基本的に営業をしないというスタイルでここまで来ているのですが、知人の家のリノベーションが「犬と一緒に暮らせる家」というコンセプトで非常に面白いデザインだったので、メディアに投稿してみようと思って住宅の写真を主要な海外デザイン雑誌に送ってみたんです。

すると意外に反応が良く、ロンドンに拠点を置くデザインメディアの方や面白い住宅の特集を担当しているニューヨークタイムズの記者の方から御連絡をいただき、取材や掲載に繋がりました。

自分の作品を多くの人に知っていただく機会になって本当に嬉しかったですね。

ベトナムにはいつから拠点を置かれているのでしょうか?

はい。ベトナムに移住したのは2012年の8月からです。

2011年の5月からベトナムでの仕事を始め、ピザ屋さん、住宅リノベーション、日本食レストランと、3つ目の仕事までは出張ベースでこちらで仕事をしていたのですが、仕事が3つ続いたのでベトナムで仕事を継続的にやれるのではないかと思い、移住を決意しました。

妻は日本で仕事をしていたのですが、退職をして私と一緒にベトナムまで来てくれて今では一緒に事務所を支えてくれています。ベトナムでこんな風に生きているなんて、考えてもいませんでした。

 

海外転職エージェント トレンド

ABROADERSの更新情報をいち早くお届け

ABROADERSの最新情報は、Facebookで随時UP中です。
「いいね!」を押して、最新情報をゲットしよう!

コメントする